ストレスチェック制度は近年になって義務化された新しい仕組みとして知られています。以前からメンタルヘルス対策は産業分野でも重要であると考えられてきましたが、法律によって裏付けられた義務として位置づけられたのはつい最近になってのことです。大企業にとっては常に活動していた内容であると言う点において極端に大きな負担になる事はありませんが、中小企業にとっては寝耳に水と言う状態であったケースが少なくありません。必要最低限の人しか確保していない中小企業の場合においては、このようなストレスチェック制度に対応するために労力を割くことが難しい場合も少なくありません。

しかしながらこのストレスチェック制度は常時50名城雇用する企業に義務付けられているものであると言う仕組みになっていますので、かなりの数の企業が対象となります。そのためこの問題に対応するためにストレスチェックへの対応を外部委託すると言うことを決定する企業が増加傾向にあります。中小企業にとっては内部で何とか対応する仕組みを構築するよりも、丸ごと外部に委託したほうが安く済むと言う場合が少なくないことが広く知られるようになってきているのです。人気の選択肢としては健康診断を実施する際に同時に行ってしまうと言う医療機関のサービスを利用することです。

医療機関であればその後の対応や医師との面談についてもサポートしてくれるケースがありますので、安心して任せることができるのです。健康診断と一本化することによって準備のための事務作業を削減することができるのも中小企業にとっては魅力であると言えるでしょう。