ストレスチェック制度は、ストレスに関する質問票を労働者に記入してもらいます。その後集計・分析を行い、労働者にかかるストレスの度合いを調べます。ストレスチェック制度を行う大きな目的は、労働者に今どの程度ストレス負荷がかかっているかを調べることにあります。もし労働者にストレスが多くかかっている場合、労働環境などに何らかの問題があるかもしれません。

また、強いストレス負荷は「うつ」等の心身の不調につながる恐れがあります。そのためストレスチェック制度では、労働者の心身の不調を少しでも早期に発見するために、医師等が介入することになっています。まず労働者に回答してもらった質問票は集計後、医師などの実施者によってストレスの程度が評価されます。なお、ストレスチェック制度では、実施者は医師、保健師、特定の研修を受けた看護師・精神保健福祉士と定められています。

そして評価の結果、ストレス負荷が高い労働者については、医師と面談を行い、治療につなげていきます。また、面接指導が行われた場合は、就業上で気をつけなければならないことについてなどの意見を受け、企業側は実施していく必要があります。さらに実施者は評価後、一定集団ごとに分析を行い、その結果を企業に報告します。企業はその結果を踏まえて、労働環境を改善していきます。

ストレスチェック制度は、労働者にかかるストレス負荷を調べるために行われます。そしてその目的は、既にストレス負荷が大きい労働者と医師をつなぐため、そして少しでも労働環境を改善することにあります。離煙パイプのことならこちら