ストレスチェックは企業におけるメンタルヘルス対策の1つとして位置づけられていますが、これまでのものと大きく違うのは法律によって実施が義務付けられていると言う点にあります。任意で行うものではなく、義務化と言う形で行わなくてはならないものとして法律の中に位置づけられたのはメンタルヘルス対策関連の対応としては初めてのものであるといえます。大企業であれば企業内に産業保健スタッフを雇用しているケースが少なくありません。産業医の選任義務もあり、社内で十分に対応することができる環境が整っているケースが多くなっています。

そのため大企業にとってはストレスチェックを行うに当たっても社内で体制を作れば良いというのが特徴になっています。しかしながら中小企業においてはこの義務化の流れは非常に大きな負担を生み出すことになるのが現実です。中小企業ではこのストレスチェックの義務化に対して直接的に有効な対応を行うことはできません。専門家を雇用することができる余裕がないケースも少なくありませんし、雇用したとしても上手に活用するノウハウが全くないのです。

そのため義務感の影響を強く受けるのは中小企業であるともいえます。しかしながらこのようなニーズが高まったことにより外部委託という形で全てを任せることができる業者がたくさん生まれました。そのような外部の専門機関を通じて上手に対応するのが中小企業にとって素敵な選択してあるといえます。