ストレスチェックとは、企業で働く従業員にどの程度の、どのようなストレスがあるのか、また従業員のメンタルの状況はどのようであるのかを把握するために行われる検査の事です。労働安全衛生法な改正に伴い、2015年から50人以上の従業員を有する企業、職場では毎年1回、全従業員に対して実施することが義務付けられました。この制度に実施義務はありませんが、ストレスチェック終了後には労働基準監督署に対して報告する義務があります。報告義務が果たされなかった場合は罰金が生じます。

ストレスチェックが行われる目的は、すでにメンタルヘルス不調を抱えている従業員を見つける事ではありません。ストレスチェックの本当の目的は、従業員のメンタルヘルス不調が生じることを未然に防ぐ事です。そのため、従業員自身に自分のストレスについて把握してもらうこと、また職場環境の改善点を探し出すことも目的としてあります。ストレスチェックの検査項目は大きく分けて仕事のストレス要因、ストレス反応、ストレス緩和要因の3つで構成されており、全部で57項目あります。

これらの質問は選択方式で、1問1答で回答します。そしてこれらの質問からストレス状況が判定され、結果は従業員自身に通知されます。この時高ストレス状態であると、産業医や精神科医とのカウンセリングが推奨され、結果と共に通知されます。個人の結果は例外を除き、基本的には他者に公表されません。

このため検査結果によってその後の仕事に支障を来すこと、評価が下がり昇進や昇給に悪影響を及ぼす事はありません。その反面従業員全体の結果は公表され、職場環境改善に役立てられます。